知ってるようで知らない健康のきほん

 フィロソミリディー協会のブログへお越しいただき、ありがとうございます。

 

協会代表の古賀と申します。

 

 

 

 

 

 

 


いきなりですが、僕たちはみんな自分のからだを持っていて、元気に走り回ったり、

 

笑ったり、一生懸命仕事したりしていますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてそれは、、、、、いつか必ず終わりがきます。

 

 

 

 

 


うん。

 

 

 

 


それは誰にも避けることのできない現実。

 

 

 

それなら生きている間は、誰だって

 

 

 

元気に、幸せに、生きていたいと思うのではないでしょうか。

 

 

 

 


このブログをご覧いただいている方は、

 

少なくとも何かしら健康に興味のある方だと思います。

 

 

 

ご自身の健康に不調や不安があって、何か役に立つ情報を探している方、

 

健康に携わる仕事をなさっている方。

 

 

友人や知人など、僕に単純に興味がある方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

 

 

 

僕は法的に保証された医療人ではありませんが、

 

ずっと人の健康について真剣に向き合い考える仕事に就いていて、

 

日々健康にとって大切な情報や事実に触れたり気づいたりしています。

 

 

 

それは皆さんが様々な仕事にプロフェッショナルであろうとなさっている姿ときっと同じ。

 

 

 

このブログでは、僕の中にあるそれらの有益な情報を

 

皆さんにご紹介できればいいなと思っています。

 

 

 

 

 

とはいっても、僕はここで「自分は絶対に正しい!」とか「唯一の健康法だ!」とか

 

そういうことを書くつもりはありません。

 

 

 

 

それから今でも僕は毎日学びを継続していますので、書いてある情報はある程度古くなると、

 

後に更新されている可能性があります。

 

 

 

ここではあくまで僕がこれまで勉強してきた、からだの話で

 

「これは現時点で最も価値があるな〜」と思うものを紹介する予定ですので、

 

より大きな発見や重大な変更があった場合は、なるべく最新の情報に差し換えていきますね。

 

 

 

 

そんなわけで、これを読んでくださった皆さん一人一人は、ご自身の判断で取り入れたり、

 

無視したり、ご自由になさってください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、いま世の中は健康の大ブームです。

 

ここ日本も欧米からの外食文化が輸入されてた1970年代とか80年代以降は

 

ずっと健康ブームが続いているといわれています。

 

 

 

テレビやインターネット、本屋さん、どこに行っても健康に関わる情報を

 

見つけることができますね。

 

 

 

 

 

これだけ身近に情報があふれていると

 

ついつい健康について分かったような気になります。

 

 

 

 

でもちょっと待って。

 

 

僕たちは一体どれだけ自分の健康について理解できているのでしょうか?

 

 


「健康な状態」ってどんなこと?

 

 

 

 

 

 

全然風邪をひかない方が健康!

 

毎日3時間しか寝なくてもバリバリ仕事ができる方が超健康!!

 

毎日楽しいことばっかりあるからギガ健康!!!

 

 

 

 

 


なんてこと、思ってませんか?

 

 


毎日生活していると、色々なものに触れたり、食べたり飲んだり、

 

空気として吸い込んだり。

 

 

 

 

そう、体の中には色々な物が入ってきます。

 

 

 


体はそれらからの影響を受けつつも身体が大きく変化してしまわないように、

 

体内ではいつでも『ホメオスタシス』という働きがおこなわれています。

 

 


ホメオスタシスは、自分の体を一定に保ち続けようとする、いのちの番人のようなもの。

 

外から風邪のウィルスが入ってきたら、そのウィルスをやっつけるために

 

体はノドを炎症させ、熱を出し、鼻水を出して対応するのです。

 

 

 

食べた物に悪い菌が入っていたら、同じように熱を出し、腹痛で無理矢理にでも

 

安静を強要し、下痢を起こして菌を外に押し出そうとする。

 

 


他人から嫌な体験をさせられたら、それは身体を苦しめるもの。

 

その時は恐怖や怒りや悲しみの感情をつくり出し、逃げて安全なところに隠れたり、

 

攻撃して相手を遠ざけたり、泣いて相手の同情を引き出して安全を確保しようとする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしその働きができなかったら、体はどうなってしまうのか、、、想像してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 


毎日仕事でバリバリ働いているとき、脳や筋肉はどんどんエネルギーを使って、

 

出たゴミを血液の中などに放り出しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、1日の終わりには体中がゴミだらけになっていて、それが疲労感を生み出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜間、リラックスして眠りにつくと、ゴミの産出は止まって全身の掃除が行なわれます。

 

そうすると肝臓や腎臓や肺などはそのゴミを体外に出すためにバリバリ働かなくてはなりません。

 

特に脳や自律神経の疲労(コレ、めちゃくちゃ皆さんに関係ありますからね!)は、

 

この『睡眠』がとてもとても重要なことがわかっています。

 

 


つい夜更かしが習慣化していたりして睡眠時間が短くなってしまったり、

 

睡眠の質が悪くなっていると、眠っている間の掃除が十分に進まずに

 

そのままゴミを体内に溜め込むことになります。

 

 

 

神経系に溜まったゴミは、体の感覚を鈍らせたり、

 

自律神経の自動的な働きを乱してしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういう状態になっていると、

 

 

 

全然風邪をひかない。

 

毎日3時間しか寝なくてもバリバリ仕事ができる。

 

毎日楽しいことばっかりある。

 

 

 

 

 

 

 

といったような状態になる可能性があるんです。。。

 

 

 

 

 

 

 

それってね、、、

 

 

 

 

 

 

 

実は風邪をひかないのではなくて、ひけない状態。

 

疲れが溜まらないのではくて、溜まった疲れに反応できない状態。

 

楽しいことしかないのではなくて、辛いことや悲しい状態を感じられない状態なのです。

 

 

 

 


そしてそんな状態が長く続くと、体の中にゴミが溜まりつづけて、

 

体の大きな不調や深い問題に繋がっていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

それってどうにかしたいと思いませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

人は、体が立ち直れないくらいの不調や病気に落ち入ったとき、

 

それを治してくれる医師(施術家)や薬を探し求めます。

 

 

 

 

 

 


でもね、、、、、治る力は僕たちの体の中にしかない。

 

どんなに偉い先生の治療でも、どんなに優れた薬でも、

 

体のホメオスタシスが働かなかったら残念ながら役に立ちません。

 

 


そして、そのホメオスタシスの状態の良し悪しを決定しているのは、

 

他でもない僕たち自身なんです。

 

 

 

 


からだに働くホメオスタシスを良い状態にすること、良い状態にキープしつづけること。

 

 

 

 

 


それが健康を考える上で全ての基本だということを、ぜひぜひ覚えておいてください。

 

 

 

 

 

 

 

さて、フィロソミリディー協会1回めのブログは健康についての考え方を

 

全体的な見かたでお伝えしてみました。

 

 

 

からだについての話はつい難しくなりがちなので、

 

なるべく分かりやすい言葉でお伝えできるように心がけていきますね。

 

 

 

 

 

 


それではまた次回のブログでお会いしましょう!

 

 

 

 

 

古賀 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

カテゴリー
Please reload

アーカイブ
Please reload

ソーシャルメディア
  • Filosomilidy at facebook

© 2018 Fylosomilidy Association